ジャンボなめこ


ジャンボなめこ


「鈴木農園」がオリジナル栽培で作っているジャンボなめこ。通常のなめこより低温でじっくり丁寧に栽培、大きさは見ての通り2~3倍のビッグサイズ!大きさもさることながら、香りと歯ごたえがしっかりあり、風味もなめこの美味しさがぎゅっと凝縮。食べ応えはもちろん満点。さらに、歯ざわりのよい軸足の部分を長く太く育てました。



ジャンボなめこ

また開きなめこは菌糸により木材質が分解されるため、風味が原木栽培品に近づきました。ぬめりはかさが開くと減り、むめりの苦手な方にも食べやすい逸品です。

 

※食品安全検査済みだから安心。

薬品及び農薬は一切使用しておらず、室内および器具はすべて水洗いのみです。安心してお召し上がりいただけます。

 

・そのまま大根おろしと一緒に

・ごはんのお供に、お酒のあてに

 

 

▼お買い求めはこちらから▼

https://f2r.stores.jp/items/5ec613ea72b9116c52dce224

ジャンボなめこ・国産


ジャンボなめこができるまで-120日じっくり低温栽培!



ジャンボなめこができるまで

なめこはほとんどが、おがくずにさまざまな栄養と水を混ぜて形成した培地に、種菌を植え付け、空調管理をした施設内で育てる「菌床栽培」という方法で作られます。『鈴木農園』のなめこは、こだわりの栄養たっぷりの培地のもと、愛情もたっぷり受けて育てられます。

 

1. ビンに10種類以上の栄養を混ぜた培地を仕込み、ビンごと加熱処理して殺菌し、ゆっくり冷却させた後、種菌を植え付け培養室で80日間培養します。(※種菌もオリジナル開発)

 

2. 培養室から出し、収穫用の部屋へ移動。ビンの蓋を外して散水しながら1週間育成します。培養が終わると培地が黒から白になり、表面に菌糸が出てきます。

 

3. 可愛いなめこの赤ちゃんが良い環境の中でグングン成長!

 

4. S~Mサイズに育ったら、1回目の収穫をします。

ジャンボなめこ収穫

5. S~Mサイズのなめこ(1回目の収穫)から約30日後には、Lサイズ以上のジャンボサイズに成長します。

 

6. 120日かけて育ったジャンボなめこ、いよいよ最終収穫となります。

 

★★★

鈴木農園では、通常50~60日間培養するところ→80日間、培養後から収穫まで通常20~30日間のところ→40日間、栄養たっぷりの培地で育てます。じっくり良い環境で育てることで、大きくて美味しいジャンボなめこになります!!